トップページ

2019年2月12日 (火)

ホワイトピラニアがJKバウム

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
https://xn--s2-e73aqqwc9e828vh2eo7d8rslumcq0bnd8aqmrows.xyz/

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

トップページ

芸能・アイドル」カテゴリの記事

無料ブログはココログ